令和元年度 バレーボール 県代表チーム編成について

kokutaicm

■ 令和元年度 バレーボール国体等、県代表チーム編成について

 

Ⅰ 少年(男・女)

  1. 監督の選考・・・監督は強化委員会で人物・指導力・実績等を考慮して選考し、基本的に3年間継続し、計画的に選手の強化にあたる。なお、H31~33年度の監督については強化委員会から以下の2名を推薦し、静岡県協会の承諾を得た。
        男子 稲 葉  勉(浜松商業高校)
        女子 勝間田 知巳(三島南高校)
  2. 選手の選考・・・各地区で行われるトレセンで選考された選手を中心に4回の県トレセンを経て、総合的に評価し12名を最終的に選出する。。

 

Ⅱ 成年(男・女)

  1. 監督の選考・・・静岡県バレーボール協会強化委員会において人物、指導力、実績等を考慮し決定する。
  2. 選手の選考・・・拠点チーム(男子:東レアローズ、女子:ブレス浜松)を中心に、「ふるさと選手制度」を考慮に入れ、大学生から活躍の目立つ選手を選出し、12名でチームを編成する。

 

Ⅲ ビーチバレーボール(男・女)

  1. 監督の選考・・・静岡県バレーボール協会強化委員会において人物、指導力、実績等を考慮し、決定する。
  2. 選手の選考・・・選考会による成績上位選手(ペア)とする。

 

Ⅳ 中学JOCカップ

  1. 監督の選考・・・静岡県バレーボール協会強化委員会において人物、指導力、実績等を考慮し決定する。
  2. 選手の選考・・・各地区で行われるトレセンで選考された選手を中心にJOCカップ一次二次選考会を経て、将来性や実績等を総合的に評価し、将来にわたり静岡県に貢献できる選手を選出する。

 

Ⅴ 地区トレセン・県トレセン・国体選考会の関わりと1年の流れ

令和元年度 地区トレセン・県トレセン・国体選考会の関わりと1年の流れ


関連記事

SNS

サポート企業

《Natural Eco Cupit》

サポート会員

※月別・50音順、お名前は了承を得た上で掲載しています。

【7月会員】
相羽 信弥、井上 克彦
岩ケ谷 博利、小沢 良行
河合 学、川口 昌克
熊谷 充浩、佐藤 拓男
新村 泰樹、鈴木 基之
曽根 康、堂所 聡子
藤井 英二、丸山 洋幸
村松 喜一郎、米田 聡也

【6月会員】
髙橋 浩幸、渡邊 義昭

【5月会員】
赤平 大二郎、植田 質
蔵原 純、佐藤 仁
杉山 実、鈴木 照久
土屋 美智子、都築 安夫
戸本 浩史、増田 和久
待谷 健一郎、村松 喜一郎
綿間瀬 智子

【4月会員】
大畑 邦彦

【9月会員】
岩﨑 修、山田 恒男

《東レアローズ男子》

《東レアローズ女子》

《ブレス浜松》

ページ上部へ戻る