県協会主催大会(地区協会主催も含む)等の開催について

令和3年5月17日

関係各位

一般社団法人 静岡県バレーボール協会
専務理事 村松喜一郎

県協会主催大会(地区協会主催も含む)等の開催について

 令和2年12月10日付で依頼した「新しい生活様式を踏まえた大会等の開催について」で依頼した項目において、令和3年5月14日付で静岡県の「ふじのくにシステムにおける基準」が「警戒レベル5」になりました。
 静岡県内においてもコロナウイルスの変異種の影響で若年層に感染者が多くなり、感染拡大の状況を呈しています。
しかし、バレーボールを愛する方々にとっては、子どもたちにバレーボールさせたい、大会に参加させたい等、様々な思いがあります。
 令和3年5月14日付の県教育委員会からの通知では、5月17日以降の部活動において、自校の練習のみ許可されおり、他校との交流は禁止となっています。また、公式戦については、感染症予防対策のレベルを上げて実施(無観客等)することができるとしています。
 これらのことを踏まえ、県協会主催大会(地区協会主催も含む)等の開催については、「ふじのくにシステムにおける基準」が「警戒レベル5」の状況下ではありますが、安全・安心を第一に考え、感染症予防対策に万全を期すことで大会開催や県選抜選手選考会の実施は可能とします。
 政府は、現在9都道府県において緊急事態宣言、10県においてまん延防止等重点措置を発出しています。緊急事態宣言等は一応5月31日(一部県を除く)までとされていますが、今後の状況によっては、さらなる延長及び追加で発出する県も十分考えられます。
 令和2年12月10日付でお知らせした内容を変更・追加した事項を再度記しますので各専門部において、周知・徹底をお願いいたします。

(1) 現時点で中止が決定しているJVA主催大会に繋がる本会主催大会(予選会)は、すべて中止するようお願いいたします。また、JVAが現在中止もしくは延期を検討している大会についても、その判断が下された時点で、速やかに対応願います。加えて、ママさん部についても、全国連盟と連絡をとりつつ、適切な判断をお願いします。

(2) 今後の県協会(地区協会)主催の大会は、「JVA大会運営ガイドライン(2021.0305更新版)」及び「ふじのくにシステムにおける基準(毎週金曜日更新)」を踏まえ、感染症予防対策に万全を期すことができれば開催できる。

(3) 「ふじのくにシステムにおける基準」が「警戒レベル6」以上になった場合は、大会等を中止する。また、「警戒レベル5」になった場合は、安全・安心を第一に考え、感染症予防対策に万全を期すことができれば開催できる。「警戒レベル5相当」に該当する地域の選手の移動は控える。加えて、各地域における独自の行動基準も考慮する。

(4) 義務教育段階及び高校の専門部においては、中体連「感染拡大予防ガイドライン(令和2年9月7日)」や高体連「大会実施のためのガイドライン(令和2年12月7日改定版)」が示すガイドラインを参考とし、実施の判断をする。
上記文章をPDFファイルで見る。


 以下、すべてのリンク先(外部リンク)内容につきましては今後変更されていきますので、都度ご確認ください。

(公財)日本バレーボール協会 : JVA
 ➢  JVA大会運営ガイドライン(2021.03.05更新版)
静岡県
 ➢  ふじのくにシステムにおける基準(毎週金曜日更新)
静岡県中学校体育連盟
 ➢  大会実施上の感染拡大予防ガイドライン
静岡県高等学校体育連盟
 ➢  大会実施のためのガイドライン(令和2年11月18日追記版)

関連記事

SNS

サポート企業

《Natural Eco Cupit》

サポート会員

※月別・50音順、お名前は了承を得た上で掲載しています。
【5月会員】
大畑 邦彦、髙橋 浩幸
野中 覚

【4月会員】
藤井 英二

【12月会員】
天野 達也、荒木 海翔
遠藤 彰、大川 由香里
岡田 侑也、加藤 顧三江
芹澤 寛樹、曽根 康
難波 幸平、深沢 翔
細田 祥吾、細田 早巴子
丸山 洋幸、村松 喜一郎
山崎 芳江、山梨 みゆき
山杢 はるみ、米田 聡也

【8月会員】
植田 質

【7月会員】
池田 喜彦、池谷 英丈
石井 一光、大井 恵
笠原 隆博、笠原 瑞恵
木本 恭嗣、熊谷 充浩
後藤 康文、鈴木 健太
芹沢 寛樹、辻 友幸
辻 由紀子、増岡 三佳子
増田 和久、八木 珠希
渡邊 義昭、綿間瀬 智子

《東レアローズ男子》

《東レアローズ女子》

《ブレス浜松》

ページ上部へ戻る